カビ除去とウィルス対策

豊富な知識と実績のもと、あなたの建物の徹底分析! 確かな技術をもって、根源から徹底的に解決します。

カビの害について

カビが人に及ぼす影響を大別すると人に対す直接影響と物を汚染することによる間接影響に分かれます
空気中に浮遊するカビの胞子を吸い込むことでアレルギー反応が誘発されればアレルギー性鼻炎、気管支喘息、過敏性肺炎などになり
肺炎を放置していると重篤な状態に陥る場合もあるのでカビは侮れません
目には見えませんが空気中にたくさんのカビ(真菌)が浮遊しています
人の胚の中は湿度100%、気温37度でカビが非常に繁殖しやすい環境です
人が簡単にカビの増殖を許さないのは侵入するカビや、ちりやほこりを排出する機能や侵入してきたカビを殺す細胞が備わっているからです
しかし、長い期間カビの浮遊する環境にさらされたり、免疫力が低下していると健康を害する可能性が非常に高くなるので、注意が必要です